予防のために

ペットは生き物なので、病気や怪我をすることがあります。
そのような病気や怪我からペットを守るために知っておくべき予防方法などがあります。
例えば、近年では犬のヘルニアが増加しています。
その理由は、犬を二足歩行で歩かせたり、立たせたり、または高い所への昇り降りや太りすぎが原因です。
また、ヘルニアになりやすい犬種などもあります。
ヘルニアになってしまうと、歩けなくなったり、寝たきりになったりします。
治療方法は、手術や針、薬による治療がメインです。
予防方法は、二足歩行にならないように気をつけること、あまり高い所への昇り降りはさせないこと。
太らせすぎないように、正しく健康管理をしてあげることで予防をすることが出来ます。

ヘルニアになってしまうと、昔では手術をするか、薬で痛みをおさえるかでした。
しかし、近年では鍼灸治療ができるようになりました。
針を使うことで治すことが出来る可能性があります。
また、寝たきりになってしまっても、リハビリなどをして歩けるようになる場合もあります。
そして、もう手の施しようがなく、歩けなくなってしまったペットの場合には、最近ではペットの為の車いすなどが開発されています。
車いすは、後ろ足に固定をして、前足を使って再び歩くことができるようになります。
このように、ヘルニアの治療や治療に使う道具などが進化しています。
今後も、寝たきりになってしまったペットが歩けるようになる治療方法が開発されていくと思います。